YI 4K+のレンズを交換してガンカメラにしてみた

ご無沙汰しています。
最近仕事とサバゲーが忙しくなって全然更新できてませんでした💦
Twitterでは先週に記事にするといっていましたが遅れに遅れてしまいました💦

去年からはじめたサバゲーで、YI 4K+をつかって動画を取り始めたのですが、ヘッドマウントではどうしても取れないものが。
そう、敵の姿がちゃんと見えないんですね。
レンズが魚眼なので焦点距離が短くて敵が写ってても小さすぎてよく見えないんです。

そこでガンカメラというものをつけてみようと今回YI 4K+のレンズを35mm(換算195mm相当)に変えてみました。
本来であればガンカメラは以下のようなドローン用のカメラを改造するのですが、そこは4K60fpsで取りたいという欲望がありましてね、邪魔にはなるがYI 4K+をエアガンの20mmレールつけてみたわけです。

 

準備するもの

YI 4K+

35mm M12マウントレンズ(AliExpressこちらのほうが安いですが発送に時間がかかります)

コイルバネ(外径Φ14mm、線径Φ約1mm)

A4サイズの用紙(折りたたんでウォータープライヤーのクッションにするので裏紙でもなんでも)

ウォータープライヤーやペンチはこんな形なら使えるだろうというものです。
持っていない方は他でも使いみちがあると思うのでこの際購入してみてもいいのではないかと。

YI 4K+のレンズ交換方法

レンズの交換方法についてはこれらの動画を参考にしましたので、そちらを見てもらったほうがいいです。
ただ、英語なのでさらっと日本語で紹介していきます。

レンズカバーを外す

まずはレンズ周辺にある樹脂製のカバーを取り外します。

ウォータープライヤーで回して外すのですが、そのまま挟んでしまうともちろんカバーに傷が付きます。
そこでA4用紙をカバーの背の高さに合わせて折り曲げていってクッションにします。

クッションができたらウォータープライヤーでクッション越しにカバーを挟んで回していきます。
回ったら外れてると思います。

まあ、このやり方を紹介していますが、私はクッションがあると全然回せなくて力まかせに回したら結局カバーにキズが付きました…
慎重に作業するようにしてください。

レンズを外す

レンズは接着剤で固定されているので樹脂製カバーほど大変ではないです。
私はそのままウォータープライヤーで挟んでしまっていますが、特にキズは付かなかったようです。
気になる方は先程のクッションを噛ましてもいいかと。

レンズが外れるとこんな感じ。

スペーサーを取り付ける

レンズが外れたところで新しいレンズを取り付けるためにスペーサーを取り付けます。
こちらのレンズを購入された方はレンズとスペーサーがついていると思います。

こちらのスペーサーを取り付けます。

レンズにバネを噛ませて取り付ける

普通はそのままレンズを取り付けますが、今回はバネを噛ませて取り付けます。
理由は次に説明します。

こちらのバネをペンチで切り取ります。

切り取る長さはバネ1周文です。
これより長いとだめです。

切り取ったバネをレンズのネジ部分の長さまで広げます。

あとはレンズを取り付けるだけ。

レンズのピント調整方法

さて、先程レンズを取り付けましたが、その際にバネを噛ませました。
その理由がピント調整機能を持たせるためです。

通常だともとから付いているレンズのように接着剤やグルーガンでピントの合った場所で固定するのが一般的です。
しかし、今回のレンズは焦点距離が長いため、距離が変わると結構ボケてしまうのです。
サバゲーだとアウトドアとインドアで交戦距離が大きく変わるので、フィールドに応じてピント調整ができるように今回のようにしてみました。

ちょっとのバネですがこれでも東京マルイのガスブロM4(リコイル強化済み)につけて撃ってみてもピントがずれることはないです。

毎回ピントを調整する必要がありますが、大体合っていればいいのでそこまで苦ではないかと。

調整は締め込むと遠くにピントが合い、緩めると近くにピントが合います。

ピカニティーレールへの取り付け

こんな感じで取り付けてます。
被弾が怖いのでアルミケースに入れています。
本当はレンズフードも取り付けたいのですがまだやってないです。

取り付けに使用している機材

 

 

最初は三脚ネジで取り付けるタイプを使用していたのですが、レンズと銃口?サイト?が離れているせいか敵が映らなかったので、今のような状態にしました。
ドットサイトの上とかに取り付ければちゃんと写ったのでしょうが、そうなるとかなり邪魔なので下に取り付けてます。
ドローン用カメラなら背が低いのでそんなことないかもしれませんね。

実射してみた

実際に撃ってみた様子です。

ターゲットは大体20mくらいの距離だったかな?
あんまりたまが見えませんね。
しかもガスブロなので反動でぶれてしまって見にくいです。
これは電動にしろって話ですね。

レンズの解像もあまり良くないのです。
まあ、値段なりってとこでしょうか。

また使ってみて変更したら紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。