4K60P対応したGoPro HERO6 Black発表!5.2Kの360カメラGoPro Fusionも

GoProがついに4K60P対応の「GoPro HERO6 Black」と5.2K対応の360カメラ「GoPro Fusion」を発売しました。

やっとこさGoProが4K60Pに対応しました。
iPhoneも8から4K6oPに対応してきましたので、これからのスタンダードはやっと4K60Pとなりそうです。

GoPro HERO6 Blackの概要

昨年発表されたHERO5 Blackの後継モデルとなるHERO6はプロセッサーが新しくGoProカスタム設計のGP1プロセッサとなり、そのおかげで4K60PやFHD240Pの高フレームレート撮影が可能となりました。

手ぶれ補正も強化されている他、従来同様本体のみでも水深10mまで防水となっています。
また、動画のファイル形式もH.265にも対応しています。(h.264も選択できます。)

外観は変わらないので依存のGoProマウント製品との互換性も維持されているようです。

他のウェアラブルカメラと比べてどう?

4K60P対応ということで、性能で対抗できるウェアラブルカメラはXiaomiのYI 4K+だけではないかと思います。

YI 4K+についてはこちらをどうぞ

4K/60P対応アクションカメラ登場! YI 4K+ Action Camera(GeekBuyingのリンク追加)

この2つの違いは手ぶれ補正と防水、価格です。

手ぶれ補正はどちらがマシ?

これに関しては圧倒的にGoProでしょう。
YI 4K+は4K30Pまでなので4K60Pでも手ぶれ補正がはたらくGoProとは比べるまでもありません。

防水性能は?

こちらも圧倒的にGoProですね。
YI 4K+はハウジングを使用して防水に対応してるのに対し、GoProは本体のみでも防水対応しています。

また、本体のみで防水のGoProはこの防水ジンバルと組み合わせることで水辺でもぶれない高画質な動画を撮影することができます。

価格を比べると?

ここは完全にYI 4K+です。
ほとんど半額に近い価格で、4K60Pに対応したウェアラブルカメラが購入できます。
防水や手ぶれ補正を必要としないのであればYI4K+を選択したほうがいいかもしれません。

With Original WP Case
Travel kit

5in1 kit

GoPro Fusionの概要

こちらはGoPro初となる360度カメラです。
本体前後にある2つのカメラを使用して360度撮影するようですね。

5.2Kで30Pの動画を撮影できる他、静止画は1800万画素の360度写真を撮影できます。
また、手ぶれ補正に関してはジンバルを使用しているようなと表現されるほどの性能となっているようです。

日本では近日85000円で近日発売となっています。

参考

HERO6 BLACKGOPRO.COM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。